Home » ユーザーフレンドリー

ユーザーフレンドリー

ユーザーフレンドリー化とは究極のSEO対策のことを言うのかもしれません。SEO対策を一言で「ユーザーフレンドリー化」と言い換えることが多く、むしろこちらのほうがしっくりきます。 SEO 対策というと魔法のテクニックがあるのかのような印象を与えますが、ユーザーフレンドリー化といえば誤解も少なく、 SEO対策の本質が理解してもらえると考えるからです。 巷で言われるSEO 対策テクニックについてほとんど気にしていません。ユーザーフレンドリーであることは、「究極の SEO 対策」なのです。検索エンジンのコンセフトにマッチしているならば、アルゴリズムの変更も関係ありません。しかし、誰もがこの「ユーザーフレンドリー化」を実行できるとは限りません。そこで、ここからは 「ユーザーフレンドリー化」という理想のもとに、 実際の SEO 対策をしていきましょう。

サーバーの処理速度と転送量をチェック します。 このチ ェック は、 検索エンジンからの評価が下がらないようにし、利用者に満足を与え、高い成果を上げ 続けるために必要なチェツクとなります。サーバーの処理速度は、遅いとWebページの表示速度も遅くなり、利用者にストレスを与え、 SEO対策においてはマイナス評価につながります。利用するサイトの表示速度に関連する処理速度は、利用するCMSなどによっても変わるので、利用するサーバを絞り込んだら、 CMSに関する処理速度の比較記事を検索して性能を確かめましょう。転送量とは、一般的にサーバにアッブロードしたりダウンロー ドしたりしたデータの総量のことを指します。そして、多くのレンタルサーバでは一定期間における転送量の上限が決められているので、この制限にも注意が必要です。 転送量の制限が低いサーバを借りてしまうと、せっかく多くの人が来るようになっても、 Webサイトが表示されなくなることが多発し、利用者を失望させてしまい、大きな機会損失につながってしまいます。

 

SEO対策では、ユーザビリティに配慮したサイトが重要です。サイ卜の主旨・目的がユーザーにすぐに分かるようにする。何よりもコンテンツが重要、コンテンツの質にこだわる。サイトの主旨・目的がユーザーにすぐ分かるようにするためには、 サイトのタイトルと description の記述が重要です。対してPR ・紹介文を見やすい形で提示してあげるのがユーザーフレンドリーであり、 meta タグに記述がなくとも Google の検索結果できちんと紹介文が表示されるのです。ユーザー回線でのサイト紹介を入れずに、 description へ記述さえしておけば良いだろうという。 SEO 対策偏重主義 (ユーザー軽視)では、本当にSEO対策ができているとは言い難いのではないでしょうか。これは description が不要という意味ではなく、 description以外にも、ユーザーに見える形で自己紹介する必要があるということです。