リングサイズの測り方

結婚指輪指輪のサイズの測り方を知ってますか?自分に合ったサイズのリングであれば、石が大きなリングであっても違和感なく指に馴染みます。指輪ですからはめるのは左手の薬指というのが常識ですが、サイズを測るときは、利き手の薬指で合わせます。利き手は常に動かして使っている若干太めになっています。利き手で合わせれば左手の薬指にもすんなり入るというわけです。お店で販売員に言えば、すぐに測ってもらえます。宝石の輝きとアームの金属の感触、そしてそれが自分の指にフィットするかどうか確認しましょう。
ショーケースの中に飾られている指輪と、実際に指にはめてみた感じとは違います。ドレスを買うときもそうですよね。うまくディスプレーされていて、マネキンが着ているのと、いざ自分が着た感じとはかなり違うことがあります。ひとそれぞれに体格や肌の色はちがうし、その人の持っているイメージ、全体から受ける印象などそれぞれの個性があるからです。付けてみないと分からないのです。

それに、そのドレスがハンガーに掛けられていたのをみるのと、実際に着てみるのとも大分違うはず。上等の服は実際に着てみると、そのカッティングやパターンのよさ、そして仕立てのていねいきに気がつくものです。からだにフィットする感じは試着してみないとなかなかわからないものです。見た目は同じようなデザインがあったとしても、着たときのドレープの感じが雑だったり、あるいは反対にとても優雅なラインに仕上がっていたり、ということは誰でも経験があることでしょう。

結婚指輪たったひとつの結婚指輪を選ぶのでも、慎重にスタッフに手助けしてもらって、ひとりひとりのパーソナリティを大切にしなければ良いものは選べません。一生に一度の事ですから。人それぞれに違うかたちの指をしています。ショーケースの中に飾ってある結婚指輪や婚約指輪が気に入ったら、実際にはめてみないとそれが似合うかどうかわかりません。見るのと触るのと付けるのでは全く違います。指に飾ってみて手がきれいにみえますか? 指を細くみせたり、長くみせたり、指輪のデザインがこんなにもいろいろに指を飾るものだと初めて気がつくでしょう。また、誕生石などカラーストーンの場合は、肌の色とのバランスが重大問題です。似合うドレスの色があるように、似合うリングの色もあります。デザイン、アームの感触、石の輝き、すべてにおいて個性が最大限に生かされて本当にピッタリとくるものを、たくさん見比べて、しだいに絞り込んみましょう。まずはネットで色々な結婚指輪をたくさん見ることもおすすめです。ネットで探す結婚指輪のおすすめサイトをPICKUPしておきます。